Storage Plus の構成パターン

1.スタンドアロン型
サーバー用専用ソフトウェアで直接クラウドにバックアップする構成です。
(Amazon Web Services S3使用タイプ)  >>活用シーンと実行ステップ

2.バックアップサーバー経由型
専用ソフトのエージェント機能でバックアップデータを一旦サーバーに集め、その後にバックアップする構成です。(Amazon Web Services S3使用タイプ)  >>活用シーンと実行ステップ

3.医療機関向けEzharness Storage Plus for Health Care
専用ソフトをインストールした「NAS(Network Attached Storage)」経由でバックアップする、病院向けの専用サービスです。対応しているパッケージソフトウェアにご注意ください。
(Microsoft Azure blob Storage使用タイプ) >>活用シーンと実行ステップ

使用しているクラウド基盤

Amazon Web Services(AWS)  世界№1クラウド(*1) AWS

Microsoft Azure    国内東西2ヵ所にidcを持つ、医療機関にも対応したクラウド for Health Care

(*1)米調査会社Synergy Research Group 2015年第2四半期シェア調査より

NJC(日本事務器)はAmazonの認定パートナーです!(*2)

(*2)AWS Partner Network(APN)制度のうち、APNスタンダードコンサルティングパートナー(SI)です。

Microsoft Azure の医療機関向け対応

厚生労働省、総務省、経済産業省の示す3省4ガイドラインに対し、Microsoft Azureの対応が確認されています。

Storage Plus の特長

【安心】

【安心】

バックアップデータは高い安全性を誇る「AES256bit」(*)形式で暗号化しています。
2世代管理で確実にデータ保管。 だから安心!

(*)「AES256bit」とは、米国商務省標準技術局によって選定された、米国政府の標準暗号化方式です。日本政府も推奨する最高レベルの暗号化方式です。

【安全】

【安全】

クラウド上のデータは複数のデータセンターに冗長化されて保存いたします。しかも、NJCの監視センターにて常時監視。 だから安全!

【安価】

【安価】

5GBからのメニューを用意。お好きな容量からサービスが可能です。
週1回のフルバックと週6回の増分バックアップを組合せ、効率よいバックアップを実現しています。月々わずか4,700円~(*) だから安価!

(*)Powered by AWS サービス

【楽々】

【楽々】

専用ソフトが自動でデータをクラウド上に転送いたします。専用センターにてバックアップの成否を毎回監視しています。失敗時には日本全国約40ヵ所から最寄りのサービス員が対応しますので、手間要らず。 だから楽々!

 

Storage Plus の仕様

AWS for Health Care

■バックアップソフトインストール要件 ARCserve Backup r17 for Windows

CPU Intel Xeon/Core/Pentium/Celeron/Atom ファミリ、あるいは互換性のあるプロセッサ
メモリ 1GB 以上(2GB 以上を推奨)
ディスク容量 Windows 2008/2008 R2の場合
プライマリ サーバ/スタンドアロン サーバ : 3.5 GB 以上のディスク空き容量
メンバ サーバ : 1.2 GB 以上のディスク空き容量

Windows 2012/2012 R2/2016 の場合
プライマリ サーバ/スタンドアロン サーバ : 3.0 GB 以上のディスク空き容量
メンバ サーバ : 1.5 GB 以上のディスク空き容量

■バックアップデータ要件

対象データ アプリケーションサーバ上データ、データベース、ファイルサーバ(業務継続に重要なファイル、フォルダに限定)
ディスク容量 プランにより5GB~300GBで選択可
バックアップスケジュール フルバックアップ:週1回 増分バックアップ:週6回(個別対応可能)
世代管理 3世代

■ネットワーク要件

ネットワーク要件 対象サーバからのインターネット接続 使用ポート:TCP80(HTTP)、TCP443(HTTPS) SMTPサーバ 通知用
参考転送時間 10GBフルバックアップ(Bフレッツ)時のクラウドストレージへの転送に関する時間は専用回線で1時間15分程度(ただし回線の混雑状況により転送時間は左右されます)

■クラウドストレージ要件

所在 日本国外・日本国内の選択式 (Amazon Web Services S3)
日本国内の選択式(for Health Care:Microsoft Azure blob Storage使用)
ストレージ構成 分散ストレージ(複数データセンタ間で複製されたストレージ)
セキュリティ アクセスID およびシークレットコードによる認証によりセキュリティ確保
稼働率 99.9% 以上

■運用代行要件

運用項目 アカウント管理、クラウドストレージ導入作業
クラウドストレージ容量監視、バックアップ成否監視

■リストア要件

リストア作業全般 本サービス対象外
データ論理破損 ステージング領域(ローカルの一時バックアップ)からリストア
ステージング領域含めた
サーバ破損
サーバ復旧後、S3 領域よりリストア(Amazon Web Services S3)
サーバ復旧後、ダンプ領域よりNAS経由でリストア(for Health Care :Microsoft Azure blob Storage使用)
自然災害等発生時 同上

■サービス範囲外

ARCserve オプション、エージェント構築
バックアップ専用サーバ、NASサーバのハードウェア構築
インターネット回線構築
SMTPサーバ構築
リストア作業

※Amazon Web Services、“Powered by Amazon Web Services”ロゴ、[およびかかる資料で使用されるその他のAWS商標]は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※「Microsoft Azure blob Storage」とは、Microsoft社が提供するウェブサービスの総称で、サービスの可用性99.99%のオンラインストレージサービスです。

ご質問・ご相談 お気軽に
お問い合わせください

電話でのお問い合わせ

050-3000-1523

(平日9:00~17:30受付)

メールフォームからお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ