遠隔地データバックアップサービス

Ezharness Storage Plusのご利用シーン


スタンドアロン型 バックアップサーバー集中型 医療機関向け

1.スタンドアロン型(Amazon Web Services S3使用タイプ)

サーバー用専用ソフトウェアで直接クラウドにバックアップする構成です。

<ステップ1>

  • 自動スケジュール実行
    サーバにインストールした専用ソフトウェア(ARCserve)のスケジュール機能で自動的に処理を開始し、送信データの暗号化と圧縮を行います。

<ステップ2>

クラウドストレージに設定された時間にバックアップいたします。送信時にデータ細分化による回線負荷軽減を図ります。セキュリティ対策としてSSL通信による暗号化通信、シークレットキーによるアクセス制御も行います。

スタンドアロン型

2.バックアップサーバー経由型
(Amazon Web Services S3使用タイプ)

専用ソフトのエージェント機能でバックアップデータを一旦中継サーバーやNAS(Network Attached Storage)に集め、その後にバックアップする構成です。

<ステップ1>

  • 自動スケジュール実行
    サーバにインストールした専用ソフトウェア(ARCserve)のスケジュール機能で設定された時間に自動的に処理を開始します。
  • データの暗号化、データの圧縮
    通信負荷の軽減とセキュリティ確保のため、一旦バックアップデータの暗号化と圧縮を行います。

<ステップ2>

その後、クラウドストレージに設定された時間にバックアップいたします。送信時にデータ細分化による回線負荷軽減を図ります。セキュリティ対策としてSSL通信による暗号化通信、シークレットキーによるアクセス制御も行います。

 

 >>導入事例

バックアップサーバー集中型

3.医療機関向けEzharness Storage Plus for Health Care
(Microsoft Azure blob Storage使用タイプ)

サーバー用専用ソフトウェアで直接クラウドにバックアップする構成です。

仕組みや手順は 2.バックアップサーバー集中型 と同じですが、クラウド基盤が厚生労働省、総務省、経済産業省の示すガイドラインに対応した、Microsoft Azureとなります。
データ損失リスクを軽減したい医療機関向け専用メニューです。 >>Microsoft Azureの対応

※対応可能なるパッケージソフトウェアにご注意ください。

医療機関向けEzharness Storage Plus for Health Care

ご質問・ご相談 お気軽に
お問い合わせください

電話でのお問い合わせ

050-3000-1523

(平日9:00~17:30受付)

メールフォームからお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ