Microsoft Azure(アジュール)とは?

Microsoft Azure(アジュール)とは?

Azureを導入するには? >

Microsoft Azure(アジュール)は、マイクロソフト社が提供するクラウド プラットフォーム(PaaS/IaaS)です。
利用者が必要なデータベースストレージやアプリケーション、その他のクラウド上のリソースを必要に応じてかつ従量課金で利用できます

また、WindowsやLinuxの仮想マシンが作成できる「Virtual Machines」、.NET、Java、PHP、Pythonなどさまざまな開発言語が使用できる「App Service」や、予測分析に利用できる「Machine Learning」と、ブラウザベースでデプロイできる「Machine Learning Studio」など、マイクロソフト社ならではの機能を利用できます。

Fortune 500 企業の90%が利用

クラウドで最も多い42リージョンを展開

企業利用に最適なクラウドプラットフォームを目指すAzure

世界シェアNo1のAWSを猛追するAzureは、企業利用に最適なクラウドプラットフォームを目指したサービスやインフラの拡充を進めています。

fedramp-high

業務を保護する信頼できるクラウド

Azure には 70 以上のコンプライアンス サービスがあり、より包括的なコンプライアンス対応を行っていることがわかります。
組織を守るために、Azure ではセキュリティ、プライバシー、コンプライアンスを開発手法に組み込んでおり、米国政府機関向けの最も信頼できるクラウドとして評価され、18 個の Azure サービスが FedRAMP High 認定を受けています。さらに、Azure IP Advantage により業界最高クラスの知的財産保護機能を利用できるため、お客様は根拠のない訴訟が起こされることを懸念することなくイノベーションに専念できます。

fedramp-high

クラウドでありながら機能をオンプレミスで利用可能に

Azure Stack は Azure の拡張機能で、クラウド コンピューティングが持つ俊敏性とイノベーションの急速性を、オンプレミス環境で提供します。
企業のデータセンターから Azureが提供する各種サービスを一貫して利用可能に。クラウドが持つ柔軟性と、オンプレミスのようなコントロールが実現できるハイブリッドなクラウド環境を実現できます。

クラウドでありながら機能をオンプレミスで利用可能

人工知能からデータ解析まで多彩なアプリ開発を

人工知能からデータ解析まで多彩なアプリ開発を

画像認識からボットサービス、最新の機械学習(マシンラーニング)を始めとした人工知能の活用により、これまでにない価値を提供するアプリケーション開発の事例が拡がっています。
オープンソースデータの活用とAIの技術革新を組み合わせて最新の開発環境を柔軟に構築することができます。

人工知能からデータ解析まで多彩なアプリ開発を

クラウド市場で最大のリージョン数をグローバルで展開

2017年1月時点で、の公開済みのリージョン数は42と、クラウドプラットフォームを提供する事業者として最も多い。 Microsoftは提供地域の拡大は Azure の最優先事項とし、グローバルスケールでサービス展開を考える企業にとっては利用者に近い地域を選べるもっとも選択肢の高いサービスと言えます。

最適なデータセンターやリージョンを選択し、必要な場所で必要なパフォーマンスを検討するのであればAzureは確度の高い選択肢と言えます。

クラウド市場で最大のリージョン数をグローバルで展開

ご質問・ご相談 お気軽に
お問い合わせください

電話でのお問い合わせ

050-3000-1523

(平日9:00~17:30受付)

メールフォームからお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ