アマゾン ウェブ サービス(AWS)とは?

アマゾン ウェブ サービス(AWS)とは?

AWSを導入するには? >

AWS(Amazon Web Services)は、Amazonが提供するクラウドコンピューティングサービスの総称です。

クラウドコンピューティングは、クラウドサービスプラットフォームからインターネット経由で処理能力、データベースストレージ、アプリケーション、および他の IT リソースをオンデマンドかつ従量制料金で利用するシステムです。

AWS は最初のクラウドサービスであるAmazon S3 を2006年3月14 日にリリースし、2017年1月時点で190 か国の 100 万を超えるアクティブユーザを抱える世界で最も利用されているクラウドサービスへ成長しました。

世界で100万以上の利用者

日本国内だけでも10 万以上の利用者

自社サーバー(オンプレミス)とAWSクラウドの違いとは?

AWSの導入・運用検討にあたって、AWSと自社サーバー(オンプレミス)との違いを把握して、導入計画を練っていく必要があります。
それぞれの特長を考慮し活用することで、コスト面だけではなく、移行計画、セキュリティ、ビジネスに合わせた拡張性などのさまざまなメリットがあります。

AWSの利点

利用までにかかる時間を短縮

利用までにかかる
時間を短縮

需要の縮小/拡張にあわせたリソースの利用

需要の縮小/拡張にあわせたリソースの利用

利用した分だけの支払いとなる従量課金制

利用した分だけの支払いとなる従量課金制

IT 資産の固定費から変動費への転換

IT 資産の固定費から変動費への転換

AWSの利点

企業独自のセキュリティポリシーへの対応力

企業独自のセキュリティポリシーへの対応力

月額の費用を固定化できる

月額の費用を固定化できる

利用するOSの種類やバージョンを柔軟に設定

利用するOSの種類やバージョンを柔軟に設定

現行のIPアドレス体系を変更せずに移行

現行のIPアドレス体系を変更せずに移行

ただし、拡張性の高いクラウドサービスも存在しており、上記のような企業ポリシーやAWSやAZUREだと不都合がある場合は、国産のクラウドサービスを検討することもおすすめです。 自社サーバー(オンプレミス)の利点を兼ね備えたクラウドサービスはこちらをご参照下さい。

AWSは世界のクラウド市場シェアの30%以上を獲得

米調査会社のSynergy Researchの調べ(2017年7月27日公表)では、AWSはシェア34%と2位のAZURE(Microsoft)と 23%の差を付けています。

シェアもさることながら、AWS クラウドは業種・業界問わず様々なシステムの展開事例・実績が豊富であり、もっとも信頼できるクラウドサービスです。

AWSは世界のクラウド市場シェアの30%以上を獲得

ご質問・ご相談 お気軽に
お問い合わせください

電話でのお問い合わせ

050-3000-1523

(平日9:00~17:30受付)

メールフォームからお問い合わせ

お問い合わせ

AWS導入支援から運用までワンストップでお任せ

お問い合わせ

050-3000-1523

(平日9:00~17:30受付)

AWS Summit Tokyo 2018に出展

ページの先頭へ