クラウドのメリットは分かったけど、やっぱりソリューション毎に最適なサイジングをするのは面倒‥‥。

そんな声にお応えいたします!


特長 導入のメリット NJCプレミアムサポート サービスメニュー 機能

 日本事務器ではお客様のクラウド導入と運用をより簡便にするために、搭載するアプリケーション毎に最適なサイジングと各種サポートをセットにした専用ソリューションモデルをご用意いたしました。

「LanScope Cat for Cloud」とは

 AWSのクラウド基盤を使い、業界で定評のあるIT資産管理・情報漏えい対策ツール「LanScope Cat」(ランスコープキャット:エムオーテックス㈱製)に特化したクラウドサービス「LanScope Cat for Cloud」、更に既にソフトウェアライセンスをお持ちのお客様向けの「EZharness Hosting Plus for Cat」(クラウド基盤とサポート)をご提供いたします。
この2つのサービスはお客様の使いやすさを追求し、LanScope Catに特化したクラウドサービスをNJCのプレミアムサポートで運用する月額サービスです。

IT資産管理・情報漏えい対策ソフト

IT資産管理・情報漏えい対策ツール

クラウド基盤

クラウド基盤

NJCプレミアムサポート

NJCプレミアムサポート

※LanScope Cat製品紹介サイト:http://www.lanscope.jp/cat/
※LanScope Cat for Cloud:LanScope Catソフトウェア標準バンドルモデル
※EZharness Hosting Plus for Cat:お客様保有のライセンス(BYOL)に対応したモデル。(別途、アプリケーションのご用意が必要です)

「LanScope Cat for Cloud」の構成

システム構成(例)

クラウド環境のシステム構成(例)

  • サーバは、NJCが提供するEzharness Hosting Plus powered by AWSをベースにLanScopeCat用に最適化したクラウド型サーバ運用支援サービス「Ezharness Hosting Plus for Cat」で運用いたします。
  • Windowsに加え、Macも一元管理可能です。利用端末には監視エージェントをインストールしておくだけです。

「LanScope Cat for Cloud」導入のメリット

  1. インターネット回線でOK!セキュアな通信で拠点のPCを管理
    ネットワーク負荷が少なく更に通信を暗号化しますので、海外拠点や公衆無線LAN環境など、専用回線(VPN)のない拠点もインターネット経由でセキュアに管理できます。
  2. メンテナンスが楽!日々のサーバメンテナンス作業から解放
    AWSならハードディスクの交換や停電対策などサーバメンテナンス作業が必要ありません。さらに「NJCプレミアムサポート」でバックアップや定期バージョンアップも代行するので運用も楽々です。
  3. すぐに使える!申込から利用開始まで最短6日
    すぐに始められるPC資産管理・情報漏えい対策です。サーバーやネットワーク機器の調達期間を省きますので、運用に必要な環境を短期間で整えられます。
  4. サーバ、ソフトウェアが購入不要の月額サービス!
    日本事務器が独自にご用意した月額型サービスなので、予算獲得の障害となる高額な一時費用を抑えコストの平準化が可能です(*)。何時でもIT資産管理を始められます。「LanScope Cat」ならお任せください。

(*)ローレンジモデルのご契約期間は1年(以降は1年更新)、ハイレンジモデルのご契約期間は3年(以降は1年更新)となります。

NJCプレミアムサポート

日々の運用も障害時の対応も日本事務器にお任せください。
運用管理をワンオペレーションで提供する「NJCプレミアムサポート」により、オンプレミス型運用にくらべ、運用工数の大幅な削減を実現いたします。

障害時の復旧、ヘルプデスク対応。お客様の1次窓口をNJCンタクトセンターに集約し、障害管理を確実かつ迅速にコントロールいたします。

2.リソース監視(稼動維持)。クラウド環境のリソース(CPU、ディスク、メモリ)とバックアップ実施状況を監視することで、運用を一元管理し安定稼動を維持いたします。

3. バックアップ運用代行。お客様に代わって毎日のバックアップ作業を実施し、障害発生時には復旧作業も実施いたします。

4.定期バージョンアップ作業。各種パッチ、定期バージョンアップなどの煩わしい作業をお客様に代って実施し、障害リスク軽減運用を行います。

「LanScope Cat for Cloud」 のサービスメニュー

「LanScope Cat for Cloud」には、3つの商品サービスメニューがあります。

商品サービスメニュー ローレンジモデル
(10ライセンス~)
ハイレンジモデル
(50ライセンス~)
LanScope Cat for Cloud Basic 34,800円〜 46,900円〜
LanScope Cat for Cloud PAC1000 39,700円〜 50,600円〜
LanScope Cat for Cloud premium   59,900円〜
最低利用期間(以降1年更新) 1年 3年

※利用料はご使用ライセンス数により変動いたします。
※環境構築に関する一時費用が別途必要となります。
※ハイレンジモデルでのMacOS端末を導入する場合は別途ライセンス購入が必要です。

「LanScope Cat for Cloud」 各サービスメニューに含まれるCat製品の機能

 
LanScope Cat製品構成
 
主な機能
LanScope Cat
for Cloud
Basic
LanScope Cat
for Cloud
PAC1000
LanScope Cat
for Cloud
premium
スカウトキャット ネットワーク検知・遮断
SNMP機器管理
アセットキャット IT資産管理
ソフトウェアライセンス管理
アプリ配布・電源管理
ログキャット PC操作ログ管理
アプリ稼働管理
通信デバイス管理
ウェブキャット Webアクセス管理
Webフィルタリング
 
デバイスキャット デバイス制御
通信デバイス制御
 
メールキャット メール送信ログ
(クライアント型)
   
ID監査キャット アプリID監査    

既にLanScope Catをご利用のお客様へのご提案

保有LanScope Catライセンス資産はそのままで、クラウド運用へ移行可能なプラン「Ezharness Hosting Plus for Cat」もご用意しております。もちろん「NJCプレミアムサポート」付きです。詳しくはお問い合わせください。

ご質問・ご相談 お気軽に
お問い合わせください

電話でのお問い合わせ

050-3000-1523

(平日9:00~17:30受付)

メールフォームからお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ