AWS Summit Tokyo 2018にブース出展しております(2日目)

AWS Summit Tokyo 2018 1日目は約8,300人の来場者でした

キーノート会場は満員で、サテライト会場に誘導された方も多かったようです。
キーノートでは、Amazon EFSの東京リージョンローンチ発表があり、
AWS上でのファイルサーバーの冗長構成の有力なパターンになりそうです。
また、AWS Loft TokyoというAWS技術者と対面で相談できる施設も利用したいです。
新発表の内容については、今後のブログでもふれて行きたいと思います。

弊社ブースでは

「Amazon Connect(クラウド型コンタクトセンターサービス)」と「Salesforce」との連携ソリューションをご紹介しており、来場者の1%弱の方々とお話をさせて頂きました。

「セッションでAmazon Connectの話を聞いてきました「Amazon Connectって何?」

「Salesforceは使ってるんですが・・・」

「実際にコンタクト業務を行っていて、こういう事できる?」

など、様々な話をさせていただいております。

実際にオペレータが受け付ける画面などのデモも行っております。

会場にお越しの際は、パミール3Fのsummit会場まで足をお運び下さい。

 

関連サービス

日本事務器のフルマネージドサービス「Ezharness」の詳細はこちら


更新日:2018年05月31日

ニュース

お問い合わせ

050-3000-1523

(平日9:00~17:30受付)

ページの先頭へ