AWS Summit Tokyo 2018にブース出展しております(3日目)

AWS Summit Tokyo 2018 2日目も盛況でした。

2日目も多くの来場者で盛り上がり、
2日間で来場者数は15,000人を超えたようです。
EXPO会場も多くの人に足を運んで頂いております。

新しい発表で気になったのは、
AWS EC2(仮想サーバ)のOptimize CPUs対応です。
なんと利用料金をそのままに、仮想CPUを減らす(スペックを下げる)機能です。
スペックを下げる...デメリットだけの様に見えますが、製品ライセンスの扱いでメリットがあります。
例えばOracleのように仮想サーバに割り当てられているCPUコア数に応じたライセンス形態の製品を適切なスペックおよびライセンス価格で利用する事が可能です。

AWSブースも楽しい

EXPO会場にはAWSブースもあります。
開演前に写真を取らせて頂きました。

大きなEcho、BigEcho(カラオケではありません)の中でEchoとの会話を体験できます。

Alexa関連製品も並んでます。

AWSブースでも弊社ブーストと同じ「Amazon Connect」を紹介しておりますね。

弊社ブースでは

「Amazon Connect(クラウド型コンタクトセンターサービス)」と「Salesforce」との連携ソリューションをご紹介しております。

SalesforceにAmazon Connectのソフトフォンや通話記録のテキスト情報などをアドオンしたデモ環境をご紹介しております。

会場にお越しの際は、パミール3Fのsummit会場まで足をお運び下さい。

 

関連サービス

日本事務器のフルマネージドサービス「Ezharness」の詳細はこちら


更新日:2018年06月01日

ニュース

お問い合わせ

050-3000-1523

(平日9:00~17:30受付)

ページの先頭へ